酔いたくないときの対処法

酔いたくないときの対処法

飲み会にいってその後に用事があるときなど、酔いたくないなぁという日もあるでしょう。日本人の半分はお酒に弱い人だと言われていますから、そういう人はどうしても飲み会に出なければいけないときは苦労すると思います。よくお酒を飲んでいるうちに強くなるといったことをいう人がいますが、もって生まれた体質ですからそういうふうにはなりません。

 

一応お酒の量が増えれば分解する酵素が増えるというのは本当です。しかしこの状態になるまでに体が参ってしまうでしょうし、本当の意味でお酒に強くなるというわけではありません。

 

しかし一時的に酔わないように気を付けることはできます。ウコンやミルクなどを飲んでおけば胃の内部に酔わないよう、粘膜のような働きをしてくれるためある程度の効果はあります。

 

お腹が空いた状態でお酒を飲むのはやめましょう。すぐに酔っぱらってしまいます。飲まされそうだな雰囲気になれば、とりあえずたくさん食べましょう。これが後々酔いから守ってくれるでしょう。

 

できれば飲まないというのがいいです。上記のものは一時的な効果しかありませんし、人によっては効果が薄い場合もあります。飲み会など断れない雰囲気もあるでしょうが、誘われても二回に一回しかいかないとか、相手に飲ませ続けて何とか誤魔化すなどをして飲まないようにしましょう。

 

しかしかたくなに飲まないという態度をとっていると、無理矢理飲ませようという人がでてくるため、少しだけ飲む、飲んだふりをすると言うことが大事です。いろいろ大変でしょうが無理に飲むというのはよくありません。
お酒に慣れてきたなら次はバーに行ってみましょう。バーが初めてというのであれば、蒲田にあるB/65536の様なアミューズメントな要素を含んだ、ダイニングバーやスポーツバーがおすすめ。バーで想像する様な重たい雰囲気もなく気軽に楽しむことができます。