休刊日取り入れて

休刊日取り入れて

すごくお酒が強かった友達と久しぶりの飲んだら、あれ?もう酔っぱらってきてる?昔はそんなに酔うことがなかったのに、やっぱり年齢かなーなんて思いました。

 

 

 

でも後から聞いてみたら、お酒に酔うのが早くなったというばかりではなく、翌日になってもお酒が抜けていないことが多くなったというのです。こういう場合、肝臓がそのお酒を分解できていないということが考えられます。お酒は肝臓によって分解されます。通常、ビール1本分くらいの量であれば3時間程度で肝臓が分解してくれるはずです。

 

 

 

それが翌日にも残ってしまうということは、肝臓の働きが鈍っているか、肝臓の許容量を超えてしまっているということになります。こういう状態になっているのなら、これからもうまくお酒と付き合っていくために、1週間に2日程度の休刊日を作ってあげることが必要です。居酒屋に行っても飲めない・・というのではさみしすぎます。

 

 

 

若い時からしっかりお酒とうまく付き合っていくことが楽しく飲むコツなんです。

 

 

 

 

休刊日取り入れて関連エントリー

お酒の豆知識語ります
お酒の豆知識語ります
スティルワインとスパークリングワイン
スティルワインとスパークリングワイン
フレーバーワインとフォーティワイドワイン
フレーバーワインとフォーティワイドワイン
酒の由来
酒の由来
酒の名前の意味
酒の名前の意味
ウイスキーの豆知識
ウイスキーの豆知識
うまくお酒と付き合って
うまくお酒と付き合って
酔いたくないときの対処法
酔いたくないときの対処法
焼酎ってなんだ?
焼酎ってなんだ?
「別れさせ屋」に相談する前に
「別れさせ屋」に相談する前に
酔ってしまった場合
酔ってしまった場合