居酒屋の起源

居酒屋の起源

一般的に居酒屋とは、お酒とお酒のおつまみになる簡単な料理を出す所だと認識されています。今では様々なジャンルの居酒屋があり、和風や洋風、全室個室や立ち飲みなどそのスタイルも様々なものとなりましたが、そもそも居酒屋というスタイルはいつ頃からあったのでしょうか。実は居酒屋の起源は江戸時代まで遡ります。

 

 

 

居酒屋の起源はお酒の測り売りをしていた酒屋さんだと言われており、今でも酒屋さんで角打ちスタイルのスペースがある所がありますね。そう!!あれなんです。酒屋さんでカウンター越しに立ち飲みで、お酒を飲みながらスルメなどの乾物をつまむ。

 

 

 

これこそが今の居酒屋の元になっているんです。その近辺に住む人たちの大切な社交場として定着し、お酒と一緒に食事をすることが出来るスタイルなども徐々に広がって行ったとされています。

 

上野の美味しい居酒屋

 

酒屋さんが提供するスペースが現在多くある居酒屋の始まりであったことは、今の角打ちや立ち飲みスタイルの居酒屋などに名残りを残しているのではないでしょうか。男性が中心であった、お酒を飲む社交場も女性を取り込む要素を備えたことで、男女問わず居酒屋でお酒や料理を楽しむことが出来るようになり、今では女子会など女性だけでこういった居酒屋を利用したり、仕事帰りに一人で居酒屋で飲んで帰るという女性も少なくないのではないでしょうか。
 

 

お酒を飲む場所というだけにとどまらず、様々なサービスやスタイルを提供することによって今後も進化していくのが居酒屋という場所なのです。