居酒屋のマナー違反

居酒屋のマナー違反

居酒屋にいきはじめて間もない頃は、お通しに違和感があった人がいるでしょう。かってに出てきた料理という感じでしょうが、だんだんと居酒屋にいくうちにそんなものだと割りきれるようになります。これは一番目の注文と、二番目の注文の間に食べもらう繋ぎのようなものです。

 

この料理が気に入ればまだ不満はないのでしょうが、あまり気に入らなかった場合損をしたと思いますね。当然お通しにもお金がかかります。大抵のお店では五百円以下ですが、少額でも満足できない料理を強制的に食べさせられるというのは勘にさわるという人もいます。

 

ですからこのお通しをめぐってトラブルになることもあります。自分はいらないというお客に、こういうものだからとお通しを出すお店。お店によってはお客様が嫌がる場合お通しを出さないようにするところもあります。

 

あまり居酒屋はマナー、マナーとうるさく言う場所ではないですが、そういったものを覚えておけば居酒屋以外の場所で役に立ちます。居酒屋でもたまにマナーなどに厳しい人もいますので損はないでしょう。上司やお偉いさんと居酒屋にいったときは席順くらいは守った方がいいでしょう。出入り口から一番遠い場所が上座です。

 

上司達を上座に座らせたあと、自分は入り口に一番近い下座に座るといいでしょう。お店に入ってから長い間注文に迷ってしまうと、店員さんを困らせてしまいます。とりあえず軽いお酒でも注文してからきめるといいでしょう。他にもお酒を足す、唐揚げにかってに何かのソースをかけるなどはありがた迷惑となる可能性があります。