沖縄料理をメインにした居酒屋

沖縄料理をメインにした居酒屋

毎年のように猛暑が続く中で、夏バテに悩まされている人も多いのではないでしょうか。毎年夏が来る度に憂鬱になる人も多いことでしょう。そんな時、夏バテ対策になるのが沖縄料理なんです。沖縄では昔から食べ物は薬として考えられ、暑い気候の中で過ごす沖縄の人達は食べ物で暑さ対策をしてきました。

 

 

最近では全国的にも沖縄料理をメインにした居酒屋さんなども増えているので、利用したことがある人も少なくないでしょう。暑い夏にこそ沖縄料理を取り入れることで元気に過ごすことが出来るんですね。

 

 

 

代表的な沖縄料理と言えば、ゴーヤチャンプルーでしょう。ゴーヤの苦味がアクセントになった沖縄の家庭料理の一つです。ゴーヤに含まれるビタミンが暑い夏に負けない体を作ってくれるんですね。

 

 

 

卵や豆腐はもちろんですが、各家庭で味つけや入れる具材などが違って沖縄の人達のソウルフードでもあるんです。この他には三枚肉を煮込んだソーキやこのソーキをトッピングしたソーキそば、豚の耳を甘辛く味つけしたミミガーやコラーゲンたっぷりの豚足などがあります。

 

京橋に美味しい居酒屋を発見しました!

 

割と濃い味つけのものが多いので、沖縄の銘酒である泡盛はもちろんのこと、他のお酒のおつまみとしても最適なんですね。また海藻の一種である、海ぶどうはプチプチとした食感が人気で沖縄料理店などでは必ず注文するという人も多いのではないでしょうか。沖縄料理には沖縄で栽培されている野菜なども多く使われているので、普段あまり食べることがないものなど新たな発見があるのではないでしょうか。